おひさまナースステーション|訪問看護について

訪問看護とは

訪問看護とは

主治医が「訪問看護サービスの利用が必要」と認めた方を対象としたサービスで看護師や理学療法士など、主治医の指示に合わせ専門家がご自宅を訪問し療養上のお世話や診療の補助を行います。要介護1〜5の方または特定疾病が原因で介護を必要とする方がご利用対象です。
 
退院後も自宅での医療管理が必要なとき(栄養剤の点滴が必要など)、自宅での療養生活におけるアドバイスがほしいときにご利用ください。
 
具体的なサービス内容
・健康状態の管理(バイタルチェック(血圧、体温、脈拍などのチェック)、病状の観察、精神面のケア)
・自宅でのリハビリテーション(関節の硬化を防ぐ運動、日常生活動作の訓練(歩行、排泄など)、外出、レクリエーション)
・治療促進のための看護(医療機器や器具の管理、服薬指導、主治医の指示による処置や検査)
・相談(住宅改修や福祉用具導入に関する相談、介護負担に関する相談、健康管理、日常生活に関する相談)
・終末期の看護(痛みの緩和、本人や家族の精神的な支援、看取りの体制に関する相談)

関連ページ

訪問看護ご利用の流れ
おひさまナースステーション訪問看護ご利用の流れについてご説明します。介護保険、医療保険、自費(プライベートナーシング)。
利用料金
利用する公的保険の種類によって基本利用料の割合が異なります。詳細はお気軽にお問い合わせください。
ケア内容
おひさまナースたちの訪問看護ケア内容について説明させていただきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ サービス 企業理念 会社概要 スタッフ紹介 スタッフ募集